尿1滴で全身のがんリスクを判定できる「がん検査」をご存知ですか?

日本では、がんで年間約38万人の方が

亡くなっています

1日で換算すると

毎日1,000人以上の方が

亡くなっているということになります

ただし、多くのがんは早期発見すれば

9割以上は完治するのですが

日本でのがん検査受診率は欧米と

比べても極端に低い状況にあります

その一因と言われているのは

従来のがん検査方法では

部位ごとに検査する必要があるのと

検査費用も高いので

時間や費用面での問題が

あったように思います

さらに従来のがん検査方法では

早期発見しづらく

ステージが進行してから

発見されることが

多かったとも言われています

実は今、そういった問題を解決する

検査方法として

尿一滴から全身のがんリスクを

判定できる

「N-NOSE(エヌノーズ)」

という検査方法が

注目されてきています

「N-NOSE(エヌノーズ)」とは

嗅覚に優れた生物 “線虫” が

がん患者の方の尿に含まれる

微量な匂い物質を検知することを

利用した新しいがん検査です

この検査方法ですと、尿一滴なので

「簡便」に「高精度」で「安価」に

がんの1次スクリーニング検査を

することが可能となっています

線虫が、がん特有のにおいに

反応するため、全身を網羅的に

がんリスクを調べることが可能です

また、ステージ0・ステージ1の

早期がんにも反応するので

がんを早期発見することで

がんに罹患していたとしても

手遅れにならずに完治する確率が

高まります

さらに、自宅まで「検査キット」を

取りに来てもらうサービスが

全国47都道府県で始まっています

まさに病院に行かずとも

自宅にいながらがん検査が出来る

新時代のがん検査です

人生100年時代を迎えるにあたり

身体が健康でいることも

人生を楽しむためには

必要ではないでしょうか


「​N-NOSE」についてはこちら

株式会社 HIROTSUバイオサイエンス

のホームページ(外部のウェブサイト)に移動します







閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回2021年7月15日に開催された 東京海上日動火災保険株式会社主催の サイバーリスクオンライン セミナーの続編(アドバンス編)が 2021年11月24日(水)に 開催されることになりました 前回のセミナーでは800名の 会社経営者様 セキュリティー責任者様などが 参加して ハッキングの実際の画面操作などを 見せてもらったり 現実的に生々しい画面を見ると サイバーリスクの脅威を まざまざと感じさ

2019年の税制改正により 法人で契約する生命保険の 経理処理方法が 大きく変わりました 保険を解約したときの ピークの返戻率により 損金計上と資産計上の計上割合が 決められましたので 最高返戻率が高い商品で 全額損金計上するということは 出来なくなっています そんな中でも 最高返戻率が50%~70%の商品では 保険期間開始後 4割の期間は60%損金 40%資産計上となっているものが 「一被保険者

がんの治療方法は年々進化 がんへの備え方も多様化してきてます 健康保険適用外の治療への備え 前払いの給付金の必要性 ひと昔前に加入したがん保険と 現在のがん保険では 保障内容がだいぶ変わっています 例えば、いままでのがん保険は ~したらいくらお支払いする形で ・入院したら ・手術したら など、目的ごとにお支払いするように なってますので お支払いする条件に当てはまらない 治療に関しては 当然ですが