日々変化する「がん治療」への備えは十分ですか?

  • がんの治療方法は年々進化

  • がんへの備え方も多様化してきてます

  • 健康保険適用外の治療への備え

  • 前払いの給付金の必要性

ひと昔前に加入したがん保険と

現在のがん保険では

保障内容がだいぶ変わっています

例えば、いままでのがん保険は

~したらいくらお支払いする形で

・入院したら

・手術したら

など、目的ごとにお支払いするように

なってますので

お支払いする条件に当てはまらない

治療に関しては

当然ですが受け取ることが出来ません

保険金を受け取る場合でも

診断一時金を除き、ほとんどが

治療費を立て替えた後に

保険金の請求を

することになっています

このようにいままでのがん保険は

がん保険に加入後

「がんに罹患➡がんの治療➡

 保険金給付金のお支払い」が

一般的でした

しかし、現在のがんの治療方法は

手術のほか

・放射線治療

・ホルモン剤治療

・抗がん剤治療

・緩和ケア など

多様化しております

近年のがん保険では

このようながん治療の多様化に

対応できるように

抗がん剤の治療に対応する特約や

厚生労働省が承認していない

薬や治療法を用いた自由診療でも

対応出来る特約など付帯出来るように

なってきました

ただ、自由診療の治療は病院では

紹介してくれませんので

ご自身で探したりしなければ

なりませんし

自由診療で治療する場合は

治療費がかなり高額に

なってきますので

それなりに資金が必要になってきます


近年のがん治療は

入院での治療日数は減ってきていて

通院治療や在宅治療を行っている

ケースが増えてきたため

最新のがん治療に対応していない

がん保険に加入したままですと

給付金で治療費を賄うことが出来ない

ということもあるかもしれません

例えば、通院での抗がん剤治療と

なってもがん保険で

治療費が十分に賄えず

さらにがん治療継続中は

満足に働けないことも多くなり

ご自身の所得が減少することも

あります

所得の減少も重なると生活費と

治療費を貯金を切り崩して生活

しなければならず、常に不安が

つきまとったまま治療すると

治るものも治りづらくなって

きますので、良いことはありません

また、自由診療での治療を

選択するケースもありますので

入院や手術をしないで治療を継続する

ことになった場合に資金面で

慌てることがないように

これからのがん保険は

こういった様々な治療方法に対応して

給付金を受け取れる保険に

入りなおしておくということも

必要ではないでしょうか


例えば、治療費をまとまった

お金で受け取れるタイプの保障が

ついているかどうかご自身の

がん保険をチェックして

みてください

診断一時金の保障は

診断一時金の保障だけで加入できる

保険会社もありますので

今加入しているがん保険に

プラスするということも可能です

  • がん診断一時金

  • がん治療給付金

  • 自由診療給付金 

がん保険の世帯加入率は

60%くらいなので

皆様はなんかしらのがん保険には

加入しているかと思います

ただ、いざご自身ががんに

罹患されたときに

しっかりとご自身や家族を

お守りできる保険かどうか

見直してみることも

必要ではないでしょうか


当社も取り扱っている

SOMPOひまわり生命保険株式会社

では、万が一の保障だけではなく

毎日の健康も応援する

「健康応援企業」として

保険本来の機能(Insurance)に

健康を応援する機能(Healthcare)を

組み合わせた従来にない価値

「Insurhealth®(インシュアヘルス)を

提供しています


健康をサポートするがん保険

「勇気のお守り」についてはこちら

SOMPOひまわり生命保険株式会社

のホームページ(外部のウェブサイト)に移動します









閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回2021年7月15日に開催された 東京海上日動火災保険株式会社主催の サイバーリスクオンライン セミナーの続編(アドバンス編)が 2021年11月24日(水)に 開催されることになりました 前回のセミナーでは800名の 会社経営者様 セキュリティー責任者様などが 参加して ハッキングの実際の画面操作などを 見せてもらったり 現実的に生々しい画面を見ると サイバーリスクの脅威を まざまざと感じさ

2019年の税制改正により 法人で契約する生命保険の 経理処理方法が 大きく変わりました 保険を解約したときの ピークの返戻率により 損金計上と資産計上の計上割合が 決められましたので 最高返戻率が高い商品で 全額損金計上するということは 出来なくなっています そんな中でも 最高返戻率が50%~70%の商品では 保険期間開始後 4割の期間は60%損金 40%資産計上となっているものが 「一被保険者

日本では、がんで年間約38万人の方が 亡くなっています 1日で換算すると 毎日1,000人以上の方が 亡くなっているということになります ただし、多くのがんは早期発見すれば 9割以上は完治するのですが 日本でのがん検査受診率は欧米と 比べても極端に低い状況にあります その一因と言われているのは 従来のがん検査方法では 部位ごとに検査する必要があるのと 検査費用も高いので 時間や費用面での問題が あ